鹿野山神野寺
公式サイト

鹿野山 神野寺は推古天皇六年(五九八)、聖徳太子によって日本で4番目に開かれた、関東最古の名刹(古寺)であります。

前へ
次へ

ご参拝について

10月20日より通常通りのご祈祷、ご供養をいたしております。
宝物館の拝観も再開いたしました。安心して拝観、ご参拝ください。
秋の紅葉も本堂前、門前周辺は台風の影響はあるとはいえ、11月中旬には見頃を迎えると思われます。 秋の境内は別世界です。関東最古のお寺と、紅葉をご散策下さい。

新着情報

奥の院開扉法楽会が台風15号被災地復興祈願として執り行われました。
令和元年10月9日10時より奥の院開扉法楽会が台風15号被災地復興祈願として執り行われました。
日本一の大おはぎの奉納も行われ、参拝者に配られました。
その他の様子は、奥の院御本尊開扉のページへ。
七五三祝祷
お子さまの健やかなる成長をご祈願いたします。詳しくは、七五三のページへ。
厄除け ・ 厄祓いご祈祷
平成31年・令和元年<2019>厄年(大厄・本厄・前厄・後厄)にあたる皆様の災厄を祓い開運招福のご祈祷を致します。良い人生の節目となるよう、お祓いをお受けすることをお勧めいたします。詳しくはこちら>>

お護摩祈祷(祈願・各種お祓い)

当山では、全国でも珍しく両ご本尊(薬師如来・軍荼利明王の二尊が並列してお厨子に奉安されている)ご宝前にてお護摩祈祷をはじめ自動車のお祓い・厄除け(厄払い)・方位除・その他、諸願御祈祷を毎日奉修致しております。

  • お護摩祈祷
  • 厄除け(厄払い)
  • 方位除
  • 交通安全自動車祈祷
  • 初参り(初宮参り祈願)
  • 七五三祝祷
  • 団体御祈祷
  • 賀寿祝祷(長寿祈願)
  • 代理祈願
  • 水子供養
  • お守り
  • 御祈祷開始時刻

鹿野山神野寺について

鹿野山 神野寺(かのうざん じんやじ)は、今から1421年前、日本で4番目に聖徳太子によって開かれた関東最古の名刹(古寺)であります。お正月には大勢の初詣客で賑わい、厄除け・方位除け・交通安全自動車祈祷(車のお祓い)等の諸祈願をはじめ、ご供養(水子供養は千葉県の霊山)を願う方々の参拝が年間を通じ絶えることがありません。春はお花見、夏は納涼登山、秋は紅葉見物の名所として知られ、広い境内には国指定重要文化財の表門をはじめ、数々の歴史ある建物等が点在しています。宝物殿には、名工・名仏師の貴重な彫刻・仏像・寺宝を展示しており、今日では東京湾アクアライン・館山道の開通により日帰り観光客が四季を通じて訪れています。

  • 神野寺縁起

    神野寺縁起

    推古天皇6年(598)聖徳太子の開山により始まりました。現在の地名ともなっている鹿野山は…
    詳しくはこちら>>

  • 鹿野山神野寺の各お堂

    諸堂伽藍

    国指定重要文化財の表門、千葉県指定文化財の本堂など、歴史ある鹿野山神野寺の各お堂を紹介いたします。詳しくはこちら>>

  • 宝物拝観所

    宝物拝観所

    宝物殿や庭園・銘石展示場など、拝観料や拝観時間のご案内です。詳しくはこちら>>

  • 境内の四季

    境内の四季

    歴史ある鹿野山神野寺の四季の風景をご案内いたします。
    詳しくはこちら>>

  • 鹿野山神野寺の各種行事

    年中行事

    鹿野山神野寺で執り行われる、各種行事をご案内いたします。
    詳しくはこちら>>

  • 鹿野山神野寺へのアクセス

    交通案内等

    鹿野山神野寺までの交通アクセスと納札所や付帯施設などのご案内です。詳しくはこちら>>

台風被害について

ボランティア活動のお願い
台風15号の被害が残る中、台風19号が関東地方に上陸したため、当山での施設・設備の復旧をするためには、まだまだ人手が足りておりません。当山の復旧作業にご協力いただけるボランティアを重ねてお願い申し上げます。何卒、皆様のお力をお貸しいただきたく、ご協力をよろしくお願い申し上げます。ボランティア活動について詳しくはこちら>>
復興再建奉納金のお願い
当山は聖徳太子開基以来1420年の歴史を伝えてまいりましたが、この度の台風15号により、国指定重要文化財「表門」完全倒壊、「奥の院」倒壊、全ての諸堂、伽藍が半倒壊、もしくは全壊しました。山中の寺院として伽藍形式を有する当山の古建築を保存し歴史と伝統を後世に伝えてまいりたいと存じます。
  • 台風の被害
  • 台風の被害
  • 台風の被害

皆様方には、これらの歴史的文化意義にご賛同をいただき、当山諸堂の修復事業へのご支援として、復興再建奉納金のご寄進を賜りますよう、お願い申し上げる次第であります。

再建の建造物
・道場半壊・宝物殿屋根・表門全壊・奥の院半壊・本堂銅板別離他・護摩堂半壊・太子講堂損壊・霊神塔損壊・九頭竜堂全壊・鐘楼堂屋根損壊・宿坊損壊・書院損壊・その他

再建費
五億円

振込先
郵便振替口座か現金書留、または当山総受付所へお願いいたします。
郵便振替口座の場合:番号 00180-4-47302
現金書留の場合:〒292-1155 千葉県君津市鹿野山321-1 電話:0439-37-2351

※お振込の際、通信欄に再建奉納金とお書きください。

お問い合わせ
080-1274-7446(イワマ)
鹿野山 神野寺 0439-37-2351

鹿野山神野寺 所在地等

鹿野山 神野寺
[所在地] 千葉県君津市鹿野山324-1 [連絡先] 0439-37-2351

※君津PAスマートIC(ETC専用)出口より約10分
※駐車場あり(普通車 350台・ 大型車 10台)
※祈願・各種お祓いをご利用で、お身体が不自由な方、車椅子やベビーカーをご利用の方は、境内右側の赤門よりお入りください。専用駐車場がありますので、職員にお声かけください。

南房総観光とあわせて鹿野山神野寺へお越しください。

南房総の鹿野山神野寺は、厄年(厄除け/厄払い)・方位除け(お祓い)・交通安全自動車祈祷(車のお祓い)・ご供養《水子供養》・祈願(お護摩祈祷/大護摩)・初参り(お宮参り/赤ちゃんの健康祈願)・七五三お参り・新年(初詣/初日の出)・紅葉見物・観光レジャー等、関東一円(千葉・東京・神奈川・横浜・埼玉・茨城)からお参りに訪れる千葉県のお寺です。

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system